人との距離が近い会社風土

社内の全員が接客を経験しているから生まれる会社風土があります

「お客様満足業」は“私たち(学生)満足業”でもありました。毎年、新卒社員のインタビューで聞くこの言葉がタカキューの会社風土を物語っています。お客様が望む前にお客様の望む事を察知する能力。それが「お客様満足業」の接客に必要な能力です。全員が最初は店舗での販売スタッフを経験するタカキューでは、本社、店舗を問わず、社内の仲間に対しても、この「お客様満足業」で培った「相手を察する力、思いやり」が根付いています。だから人にやさしい。「“人”のタカキュー」と社内の誰もが口にする風土はそこに起因すると思います。


先輩社員からのメッセージ

人を大切にする会社

『お客様満足業』の人への接し方は、お客様へも、学生へも、社内の仲間へも同じ。
関わる人への気配り・思いやりに溢れた会社風土

エムエフエディトリアル  T.R.

『お客様満足業』の人への接し方は、お客様へも、学生へも、社内の仲間へも同じ。この12年間で4つの職場を経験し、どの職場でも、関わる人への気遣い・思いやりを大切にする会社風土を強く感じてきました。
タカキューは入社した全員がまず店舗での接客販売からスタートします。そこで学ぶのは、ただの販売ではありません。それは、どこまでも“お客様の背景”を知ろうとする『お客様満足業』の接客。その接客スタイルが習慣として根付いていて、社内の仲間にも常に相手を気遣い、接するのだと思います。
もともと、私が就活時にタカキューに入社を決めたのも、説明会や選考での人事の方の学生への接し方が一番大きな理由でした。

T.R.

T.R.

「タカキューは人」。そして、「人」を育てるのは風土と文化です

自分のキャリアステップを自分で考え、お店やブランドを選んでいけるのも、タカキューで働く魅力。最初の配属となった札幌のタカキュー店舗に始まり、この12年間で様々なお店を経験してきました。メンズ業態だったタカキューからレディース&メンズのエムエフエディトリアルへ。特にこの時は、就職活動の選考時に東京への憧れを語っていた私のことを会社が覚えていてくださり、関東に新しくできる新店舗の出店時に声を掛けてくださったんです。嬉しかったですね。その後もルミネ北千住店、そして現在のお店と経験を積んでいます。
ブランドも複数経験し、エリアも北海道から関東。そのぶん、社内でお世話になった人の数も多い。たくさんの社内の人とお付き合いして思うのは、やはりタカキューは「人」ということ。各現場でお会いし、今でもお世話になっている方々一人ひとりを思い浮かべても、誰がという順番をつけられないくらい優れた人格の方ばかりです。
創業から70年近い歴史の中で、受け継がれてきた風土や文化。この財産ともいえる風土や文化を継承していくためにも、私ももっと、もっと頑張るし、後輩の育成にも貢献していきたいと思っています。


「タカキュー」がわかる6つの言葉

会社説明会へ行く